■小松石
真鶴町は鎌倉時代から続く銘石「小松石」の産地で漁業と並ぶ産業です。
高級な墓石用、記念碑など今でも町内で採掘や加工が行われています。
「小松石」の名は真鶴の小松山の地名から由来しています。

【問い合わせ先】神奈川県石材協同組合
【電話番号】0465-68-0019
■相模湾のひもの

江戸時代に相模湾で採れたあじ・かますなどを開き干しにして販売したことが始まり。主に小田原、湯河原、真鶴、三浦で生産されている。

【問い合わせ先】真鶴水産加工組合
【電話番号】0465-68-0033

■まご茶漬け

真鶴の漁師料理と言えば「アジのまご茶漬け」です。作り方は簡単で、アジを三枚におろし、身を適当に包丁でたたいた後、ネギとショウガを刻んで混ぜて、それをご飯の上にかけ、熱いお茶をかけるだけです。アジは一年中とれる魚で、漁師は朝早く漁に出て、とってきたアジを刺身で食べ、余った刺身を叩いて、茶漬けにしてすすっていたものです。


■頼朝船出

真鶴は、頼朝が挙兵した石橋山合戦で敗退し、1180年、千葉県安房に逃げる歴史上の土地です。平家に追われた頼朝が隠れた「しとどの窟(いわや)」や安房に向かって舟を出した岩海岸があります。
町と真鶴酒販組合が群馬県(頼朝ゆかりの地)の酒造会社に依頼して共同開発した日本酒が「頼朝船出」。
歌手の橋幸夫さんが毛筆で書いた酒名をラベルに印刷しました。

特別本醸造生貯蔵酒(300ml)  458円
特別純米酒    (720ml) 1,381円
モンドセレクションにおいて2009・10・11年に3年連続金賞を受賞致しました。(特別純米酒)

販売元】真鶴酒販会
【問い合わせ先】
草柳商店   【電話番号】0465-68-1255
下田屋酒店  【電話番号】0465-68-0552
こめいわ酒店 【電話番号】0465-68-2525
エフマートヨシ【電話番号】0465-68-5850

■磯料理

真鶴港と岩漁港には、四季折々の旬の魚介類が毎日水揚げされる。アジ・サバ・ブリをはじめ、伊勢エビやアワビといった高級食材も獲れ、町内の磯料理店や旅館、寿司屋で味わうことができます。

【問い合わせ先】真鶴旅館組合・真鶴飲食店組合
【電話番号】0465-68-0033